動画配信 アダルト

普及を広めたブロードバンド

動画配信(VOD)は、利用者の要求に合わせた的確なコンテンツ提供を可能とする技術やシステムの集約と言えます。こうした技術を実現する際には、解決する必要がある課題もいくつか存在していました。

 

その中で大きな要素となっているのが、データ配信における問題です。従来の放送をそのまま配信しようとすると、データ量が過剰となって通信網がパンクしてしまい、言わば渋滞の様な状況に陥りやすい懸念が挙げられていました。

 

動画配信 アダルト

そのため限りある通信網で数多くの利用者に合わせた配信をするとなると、個々のデータ量を少なくするためにデータの質を下げざるを得ない等の問題も挙げられていました。

 

しかし近年では、通信におけるサーバや回線、または利用者側に搭載する記録媒体の性能が上がったことで、従来の問題のいくつかが軽減されてきたと言われています。

 

利用者側の記録媒体において、必要なデータ自体に関するデータも併せて保存できる様になったことで、放送電波やインターネットによるコンテンツ自体の保存だけで無く、コンテンツに関する利用データなども保存できるようになり、適正な利用者であることを証明する仕組みが確立されました。

 

あるいは、独自の再生プレイヤーを利用者側に搭載させるなどで、品質を下げること無くデータを表示させたり、サーバ側の役割を軽減したりすることが可能になったとされています。